JUFE-181 すぐそばに彼女がいるのに巨乳を密着させて誘惑してくる 文系妹はささやき淫語痴女 穂高ひな 生写真5枚付き

彼女の家に遊びに行った僕は初めて彼女に妹がいる事を知る。紹介された彼女の妹はかなり頭がいいらしく勉強ばかりしている一見地味そうな妹だった。眼鏡をかけて服装も地味だし大人しそうなイメージだった。彼女が出かけて妹の穂高ひなちゃんと二人っきりになってしまって無口な彼女に気を遣って反しかけてもイマイチ会話も続かず気まずい雰囲気になってしまっていたのだ。そんな時妹の穂高ひなが隣に近づいてきて自分が興味ある本の話をしてきたのでその本を覗き込みながら話を聞いてるとなんと急に穂高ひなは僕のチンポをスリスリさわってきたのだ、驚いた僕は手を払おうとすると自分のオマンコをパックリ広げて僕に見せてくるのだ。しかも耳元に息を吹きかけながらなんともいやらしい言葉を投げかけてくるのだ。大人しい清純な娘だと勝手に思い込んでいた僕は動揺を隠せなかったが彼女が眼鏡を外して上半身裸になったのを見るとそこには想像もしていなかった巨乳があったのだ、この子こんなにスタイルが良かったのか、まじまじと見ているうちに僕は興奮を抑えきれなくなっていた痴女のように僕を誘惑してくる穂高ひなにフェラをされていきそうになっていると彼女は隠語を連お圧で挑発してくるのだ。普段見る彼女とは全く正反対の目の前にいる痴女の穂高ひな。このギャップが僕のスイッチを音にしてしまう、濃厚なキスをしながら濡れ濡れになったおまんこに挿入するととんでもなく淫乱な顔で彼女は足を巻きつけてチンポを奥の方へと迎え入れる。どこまでどすけべなんだろう。文学少女のこの淫乱さは激しく興奮するのだ。穂高ひなとのセックスはその密度と激しさが想像を絶するほど快感なのだ。彼女のいやらしい隠語でメロメロになった僕は彼女にアナルを舐められながらいってしまうのだ。すぐに性液を吸い付くした彼女は自分でオマンコに入れて気持ちよさそうに腰を振るのだ。本当にどエロの痴女の穂高ひななのだ。