JUL-134 10時15分発痴●NTRエクスプレス「うちの妻を痴●して下さい―。」 目黒めぐみ

私の妻は誰もが羨むほど容姿端麗で非の付け所がないほどできた妻で私は目黒めぐみの事をとても愛してるのです。今日会社帰りの電車がいつものように混雑していてふと目をやると私の妻が同じ車両に乗っていたのですが満員電車の中妻は私に気づかず私は時折妻の方に目線をやっていたのですが、よく見ると後ろ向きになった妻の背後にいた男が何やらゴソゴソ動いてるのを見たのです。注意深く観察しているとどうやらその男は私の妻に痴漢をしているではないですか。驚きのあまりその様子を声を潜めてみているとその痴漢の手の動きは次第にエスカレートして片手で妻の胸を揉みながらもう片方の手はスカートの中に入って行きました。普通なら怒りに震えて妻の元に駆けつけるはずなのでしょうが、私は何とその様子をみていて自分でも制御ができないほど興奮してしまっていて、止めるどころか心の中ではもっとやれ、もっとやってくれと言うような気持ちになっていた自分に気付くのでした。妻は気が小さいところがあるのでエスカレートしたその手の動きに身を震わせて我慢しているようでした私は欲情した気持ちを押せることができずにその様子を見続けて興奮していたのです。自宅近くの駅に電車は止まり妻は逃げるように駅を降りたのですが私は自分の性癖を実感したのです。帰ってから何食わぬ顔で妻の目黒めぐみとのセックスをしたのですがそれほど興奮できない私は自分の性癖を妻に伝えたのです。だめって聞いていためぐみは私の要求を首を縦に振ってくれたのです。私は他の男に痴漢されている姿を私に見せて興奮させてほしいと妻に頼んだのです。そして自分の妻を痴漢してくれるように見知らぬ男性にお願いして妻を痴漢してもらったのです、集まったのは数人の男達。こんな美しすぎる人妻なので痴漢する男達を集めるのにそれほど苦労はしなかったのです。そして時間通りに集まった男達は三人。計画通りに妻の目黒めぐみに電車の中で男達が囲うようにしてその美乳を撫ぜられたり後ろからはパンティの中に手を入れられて思う存分痴漢たちが触りだすのです、私は頭がパニックになって脳みそが破壊されるほどのk興奮を覚えてその様子をこれまでになくギンギンに勃起した股間を押さえて食いいるように見つめたのでした。これでも満足がいかずに自分の部屋のベットでも同じお願いをして自分の妻である目黒めぐみを目の前で犯してもらったのです。執拗な愛撫に困った顔をしながら次第に感じてるのがありありに見えるその様子はまたもや私の感覚を破壊していくかのように興奮させるのだ。美しい妻が知らない男達に汚されていく快感がたまらず私は射精していました。目の前で男達に思いっきり腰を振られて感じている妻がいやらしくてたまりません。
超美形のセクシー女優目黒めぐみのエロ動画が無料フル再生で見れます。目黒めぐみの美乳がたっぷり堪能できる本作品であなたの欲求を満たしてください。抜きどころ満載のエロ動画は美乳の目黒めぐみで決まり。