JUL-284 暴風雨 息子の家庭教師と二人だけの夜 さとう白音

息子は成績が優秀なのでレベルの高い大学に進学しようと勉強を頑張っている。そんな息子のために私に出来るのは良い教育を受けさせることだと思い。一人の家庭教師をお願いしたのだ彼女はとても息子の事を真剣に考えてくれて学歴も高いし信頼が置そうなのでさとう白音にお願いする事を決めたのだ。そして家庭教師のさとう白音のおかげで息子の勉強も順調に進んでいったのである。そんなある日彼女が家に勉強を教えにいく日に嵐のような天候になって息子は親戚の家から帰ってくることが出来なくなり私は家で待機していたのだ、この天候なら家庭教師のさとう白音も今日は来ないと思っていたのだが、玄関のチャイムがなりでて見るとそこにはさとう白音の姿が。責任感の強い彼女はこんな天候の時にでもやってきたのだ、しかも雨でびしょ濡れになっている。息子が不在なことを詫びてとにかくずぶ濡れになった彼女を家に入れた。彼女は寒さで震えていたので着替えを用意してシャワーを浴びるようにいうと彼女はそれに従った、そして彼女をみてるうちにその素晴らしい体に見惚れていた私は一瞬にして理性が吹き飛んでしまったのである、そして彼女の美しい巨乳に触れてしまったのである、彼女も私に気があったらしくすぐに私の愛撫を受け入れて感じているようだった。こんな頭脳明晰で美貌を持った彼女の乱れた姿に私は興奮した、彼女は感じるたびに絵露になっていくのだ。私に激しいフェラを始めたさとう白音は家庭教師の彼女ではなくて一人のさとう白音という女に変わった瞬間だった。無我夢中でさとう白音とsexをしている間中外では激しい雨風の音がしていたのだ。疑似的な恋愛とはいえ私は彼女に恋をしてしまってるようだ息子が帰るまでのひと時の情事だった。[JUL-284 , jul284]再生時間:100分2020年08月07日発売