PRED-200 妻と倦怠期中の僕は逢花(義妹)に誘惑されて何度も、何度も、中出しをしてしまった…。 山岸逢花

私達夫婦は結婚して数年経ってから喧嘩が絶えずうまくいかなくなっていた、当然夜の営みも何年も無くなってしまっていた。そんなある日妻は空気を吸いに行きたいと無期限で旅行に出かけたのだった。一人で生活する日々が続いていたのだが妻の妹の山岸逢花が家にきたのである。妹の逢花は気立もよく容姿端麗で素晴らしく美人なのであるそのしなやかなからだは細くてモデルのように素晴らしい。そんな彼女が妻が家にいてないことを知りやってきたのだ。彼女は僕を見つめてそのくびれたボデイから繰り出される素晴らしいお尻を僕に見せつけ誘惑してくるのだ。最初は理性で抑えていたのだが彼女の美しさに理性は吹っ飛んで脳みその中の何かが弾けてしまったのである。彼女の肌は素晴らしくすべすべで淫乱なTバックで美乳を見せつけながら微笑まれると僕は夢中になって後ろから突っ込んで激しく振り続ける。山岸逢花は感じれば感じるほど淫乱になっていき。上に乗ってきて熱いベロ中を長時間しながら僕のチンポを入れて抜群の腰使いで騎乗位をするのだ。詩なるような体がとても美しい山岸逢花を一晩中寝ることも忘れてセックスし続けたのである。