DASD-687 僕が先に好きだったのに、地味可愛い同級生が知らぬ間に先輩のセフレになっていた。 加藤ももか

僕が片思いをしているのは同級生のももかちゃん。彼女が好きだけど、告白することができない。少しずつ、僕たちの大人しくて可愛い加藤ももかちゃんの事がずっと好きで、彼女の事をずっと追いかけている。最近少しずつ話せる時間も増えてきたし何となく手応えを感じる瞬間が増えてきた。僕のことを少しずつ意識してくれてるのかな?決して男前ではない僕はなかなか彼女に告白できないでいた。しかしそんなことを続けていてもこの天使のような加藤ももかちゃんを手に入れることは出来ないのだ。ダメ元で根性を振り絞ってデートに誘ってみたらみたい映画があると言うことでやっとの思いで二人っきりになることが出来たはずだったのだが、なんと彼女のバイト先の先輩がついて来るというのだ。溝を埋めようと映画デートに誘うが、なぜかバイト先の先輩のけいすけさんも行くことになった。僕の恋路を邪魔しないでほしい。僕は途方に暮れたが先輩は映画が見たいだけで加藤ももかには興味がないはずだ、そう思ってその邪魔者を気にしないようにすることにしたのだ。
そして当日楽しいはずのデートはその先輩のでしゃばりのお陰で台無しになったのだ。とても積極的な先輩はグイグイ彼女に話しかけていって全てが彼のペースだ。そんな僕を察してくれたのか加藤ももかちゃんはもう一度僕にチャンスをくれて二人っきりの時間を作ってくれたのである。そしてとうとう憧れのももかちゃんとセックスができることができて僕たちは恋人同士になったのだ。その白くて綺麗なおっぱいも最高に綺麗だしおとなしめのフェラも僕をそそったのだ。予想通りの可愛い女の子だったのだ。しかし彼女の様子がおかしいことに少しづつ気づき始めた僕は彼女を詮索するようになってしまったのだ。彼女が浮気なんかするはずがないと信じているつもりだったけど情けない僕だったのだ。しかしその悪い想像は当たってしまったのだ、彼女のLINEを盗み呼んだ時にピンときたのだ、バイト先の先輩?まさかとは思いつつも僕は彼女をつけた。信じられないことに彼女はその先輩とセックスをしているのだ、すでにセフレの状態で頻繁に会っていたのだった。その彼女は僕の前で見る彼女とは別人のようだった、そう彼女は先輩とのセックスはかなり淫乱になっていたのだフェラしながら自分で大きく足を開いてオナニーしながら咥えてる彼女はまさに淫乱そのものだったのだ。僕の前では清楚ぶっていたのか加藤ももかの本性を見て僕は驚いてしまった。加藤ももかはスリムで可愛らしい女の子。清純そうな彼女だがとんでもなくえっちなプレイで度肝を抜かれるほどエロい。そのギャップで興奮すること間違いなしのセクシー女優加藤ももかのエロ動画をフル再生でどうぞ。
[DASD-687 , dasd687]再生時間:120分2020年07月13日発売